WiMAXは利便性が高いものの・・・

WiMAXが繋がらない


WiMAXは、無線を使用している通信方式です。
好きな場所からインターネットが出来ると言うメリットがある反面、場所によっては電波が入りにくいと言う場合があります。



実際、WiMAX端末のディスプレイに圏外表示しかされない・・・などと言った場所もあります。
その場合でも、手順を追って作業を行なえば、アンテナを表示させる事が出来る場合もあります。



その前提として、まずは、WiMAXを使用するエリアにWiMAXの電波が来ているのかどうかを調べましょう。
WiMAXの対応エリアマップは、UQ WiMAXの公式サイトで公開されています。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
UQ WiMAX

WiMAX端末の設置場所を変えてみる!

WiMAXの電波は高周波数の帯域を使用しています。(にて)
通信速度が速いものの、反射しやすい為、障害物に弱いと言う性質を持っています。
ですから、地下室や高層階、奥まった部屋の中には電波が届きにくいです。



ワイマックスは障害物に弱い!



そう言った性質がある為、WiMAX端末は窓際に設置した方が良いとされています。
窓際なら壁がありませんから、WiMAX端末がWiMAXの電波をキャッチしやすくなるのです。



実際、WiMAX端末を少し動かすだけでも、アンテナの表示本数が変化します。
ですから、圏外表示されているからと諦めるのでは無く、WiMAX端末を各窓際に移動してみて下さい。

WiMAX端末にリフレクターを使用する

それでもWiMAX端末が圏外表示される場合は、パラボラアンテナを自作し、リフレクターとして使用する方法があります。
材料は、台所にある金属製のボウルです。



ボウルがWiMAXの電波を一点に集めてくれますから、WiMAX端末がWiMAXの電波をキャッチしやすくなると言う仕組みです。



リフレクターでワイマックスの電波を集める



ただし、前提条件として、WiMAXの電波自体がその場所に来ている必要があります。
電波が来ていなければ、かき集めるものがありませんので、リフレクターの効果はありません。



馬鹿らしいと思う方もいるでしょうが、実際、この方法を使ってWiMAXを使用していると言う方もいます。
効果が無いのであれば、わざわざこのような面倒臭い事は誰もやりません。
わざわざやっている方がいるのですから、効果はあります。



実際、GMOとくとくBBさんもパラボラアンテナの実験を行っています。





この実験からも、リフレクターの有用性が証明されています。
最後の手段として知っておくと良いかもしれません。



WiMAX端末のスペックに関しては、UQ WiMAXの公式サイトをご確認下さい。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
UQ WiMAXの公式サイト